IoTソリューション

クラウドPBX・モバビジ・ビジネスホンクラウドPBX・モバビジ・ビジネスホン

スマートフォンで会社の電話を
発着信できる「モバビジ」で
会社電話の価格・料金を抑えながら
業務の効率化を実現!

モバビジとは、クラウドテレコム株式会社が提供する、ひかり電話とクラウドPBXとIP電話機を組み合わせたサービスで、スマートフォンなどにモバビジのアプリを入れることで、ひかりの電話回線を使って着信・発信が可能になるというもの。PBXとは、ビジネスフォンをオフィスで使用する際に必要な機械のことで、主装置とも呼ばれ、電話回線をまとめたり、転送や保留などのビジネスフォンとしての基本的な機能を使うことができます。今までオフィスに置いていたPBXをクラウド上(ネットワーク上)で使えるようにすることで、インターネット上で通話や通信を可能にしたものがクラウドPBXです。スマートフォンやタブレットで場所を選ばずに会社の電話を送受信できるサービスです。

モバビジ導入のメリット

圧倒的な低価格で
コスト削減に!
初月費用無料で導入時の高額なコスト負担がかかりません。営業所などの支店間はもちろん、社員同士もスマホで内線通話ができるので、通話料を削減できます。スマホでのご利用であれば、移転やレイアウト変更、電話機増設に伴う工事費も不要です。
会社の電話が
いつでもどこでも使える
モバビジなら一般的なIP電話と仕組みが違うため、ご利用中のプロバイダーのインターネット品質により音声劣化の心配はありません!総務省判定基準「クラスA」の業界最高峰の音声通話品質で安心してお使いいただけます。
日本で唯一の
音声品質確保型サービス
外出先でも自宅でも、スマホで会社の電話を受け取ることができるので、わざわざ転送サービスに加入する必要はありません。お客様からの連絡を取り逃す心配はありませんし、会社の電話番号での発信もできるので、個人の携帯番号を教える必要がありません。テレワークにも使えます。
使い慣れたUIで
操作が簡単
スマホアプリのUIもビジネスフォンそのもの。スマホアプリでもあえて外線ボタン(パークボタン)を用意するなど、見た目にもビジネスフォンをそのまま採用しているので、操作に戸惑うことなく誰でも簡単に利用可能です。

導入事例

新規発番せずに複数の拠点でも
既存番号で発着信可能に!

  • case file
  • [事業内容]建築業 [従業員数]25名 [拠点数]5ヶ所

1番号1回線の家庭用電話機ではお問い合わせの電話を受けきれないことがありましたが、ビジネスフォン導入で複数回線通話を実現! 初期導入費用や、通話料等のランニングコストを抑え、拠点間の連絡はすべて内線通話で通話料ゼロにすることでコスト削減にもつながりました。

導入事例イメージ画像

時間と場所にとらわれないワークスタイル。
家でも海外でもどこでもオフィスに。

  • case file
  • [事業内容]広告代理業 [従業員数]15名 [拠点数]なし

どこでも代表番号が使えるモバビジを導入することで、場所や時間にとらわれない仕事が可能に。また、自宅でも同様の業務が可能なスタッフはなるべく自宅で作業してもらうことで、家族との時間を大切にしてもらえるので従業員にも喜ばれています。海外出張の時も会社の番号で発着信できると「遊んでる」と思われないので助かりますね(笑)。

導入事例イメージ画像

小規模な拠点を複数展開する
個人事業などにも「モバビジ」が有効!

  • case file
  • [事業内容]IT関連事業 [従業員数]5名 [拠点数] 2ヶ所

小規模オフィスでは、誰かが外出していると電話が取れない事も多く、新規お問い合わせ等の取り逃しによる機会損失が減りました。電話に縛られ外出を控えてしまい、外回りの営業をしやすくなった事もビジネスチャンスを逃さないことに繋がっています。これから新たな拠点を増やす際も、モバビジなら既存番号をそのまま使えるので安心です。
また、全通話自動録音の機能もあるため、お客様との大切な会話内容を聞き漏らすことがありません。録音された会話の内容は、クラウドに保管されていつでも聞くことができますし、ダウンロードして保存しておくこともできるのは助かります。

導入事例イメージ画像

■ 料金について

新時代のお得な
ハイブリッド・クラウドビジネスフォン

  • IP電話機固定電話品質A
  • アプリ固定電話品質A
  • 内線固定電話品質A

BUSINESS PHONEビジネスフォン

従来型のビジネスフォンのご提案、
設置・設定工事も承っております。
お客様の環境に最も適した構成を
ご提案させていただきます。

■ レガシー型ビジネスホンの運用例について

拠点間通話の内線化で、
通信費を大幅に削減できます。

本社から支店を内線電話で呼び出したり、外線着信を保留転送で他拠点の内線へ転送することも可能になり、業務効率の向上を図ることができます。また、拠点間のやりとりは外線通話だったため料金が発生していましたが、拠点間を内線化することで通話料がかからず、社内の通信コストを省くことができます。

外線通話を全て自動で録音し、
複数拠点の録音データを一括管理。

外線通話に対する全通話録音を行い、社内のLAN上のPCから録音データの確認、削除、バックアップ等が可能です。 保存されたデータには、通話開始時間、通話時間、相手先電話番号情報を含みます。 保存されたデータはリスト管理され、検索画面より必要な音声を再生、削除、バックアップ等ができます。オペレーターの顧客対応の向上や不正防止、電話対応品質の改善や、発注ミスや伝達ミスも軽減され顧客満足度のアップが可能です。通話録音をしていることを通話の最初にアナウンスすることで冷静な判断をするようになり争いなどを防止する効果もあり、訴訟リスクの軽減にも繋がります。

自動音声応答(IVR)で
電話業務の効率化を図る。

自動音声応答(IVR)とは、あらかじめ設定しておいた電話番号に着信すると自動で音声案内が流れる機能です。例えば、コールセンターでは「お電話ありがとうございます。音声案内に従ってご希望の番号を押してください。商品に関するお問い合わせは1を。使い方については2を。それ以外は9を押してください。」のようなアナウンスです。主にコールセンターで利用されますが、小さな会社様にも適した機能です。その理由は、音声案内によって取次業務が削減されるので、少ない人数でお電話に対応出来る点です。また、電話業務の効率化も可能なため、経費の削減にも繋がります。